1999年雑誌広告とノベルティーDMセットで60〜70年代のフォーキーミュージックのアルバムジャケットをモチーフにした企画を覚えていらっしゃいますか?今回はその第二弾として、ミュージックシーンを4つに分けピックアップした20枚のCD(レコード)を紹介していきます。音楽評論家・鈴木カツさんを監修に迎えてのスペシャルエディションです!

↓ご覧になりたい項目をクリックしてください。
鈴木 カツ
東京・築地生まれ。アメリカ音楽通として新聞・雑誌・ラジオなどで活躍。ミュージック・ペンクラブ会員、音楽評論家、フリー・デザイナー、編集者などの顔を持つ。主な著書に「ロカビリー・ビート」「ディランズビート」「フォーキーミュージック」(シンコー・ミュージック)、「カントリー&フォーク決定盤」「フォーキーブルースな夜」(音楽之友社)。編著に「リズム&カントリーロック」(シンコー・ミュージック)、「アート・オブ・フォーキー」「アメリカ音楽ルーツ・ガイド」(音楽之友社)、「アメリカを作った101人」(ヤマハ出版)、「グッド・タイム・ミュージック」「アコースティック・スウィング」(ヴィヴィド・ブックス)などがある。