↑ご覧になりたい項目をクリックしてください。
 今回はHAWAIIAN ISLAND FOLK MUSICというくくりで60Sから70Sの「スラッキー・ギターの父」と称されるギャビー・パヒヌイという人物を軸にSONS OF HAWAII,BANDとその仲間達,ギャビーの音楽的な息子たち"SONS OF GABBY"と流れを追いながらその背景となった音楽シーンや他のミュージシャンを取り上げました。
 ミュージックシーンを5つに分けピックアップした84枚のアルバム(レコード・CD)をハワイ音楽に関する世界的なコレクターとしても知られるミュージシャン・山内雄喜氏の監修のもとSONS OF ALANIがそれぞれを紹介。
ハワイアン初心者もコアファンも楽しめる内容です。
●PROLOGUE text by KAMANI HILAKAWA
●ALANI'S ESSAY-1 text by YUKI ALANI YAMAUCHI
●ALANI'S ESSAY-2 text by YUKI ALANI YAMAUCHI
●MUSIC TRAVELER text by YAMAUCHI HISAYUKI
●MO'OLEMO O ALOHALANI text by UEHARA MAKI
●OPEN AIR DINNING-1
essay&recipe by SUZUISHI MAKIKO
●OPEN AIR DINNING-2
JEAN NASSAUS' ANOTHER CONTENTS
●FASHION
 photo by 3noru
●MAKING
・THE ROAD AND THE SKY
・VAHANAS BAR
 photo by 3noru & IGAHARA KAZUMINE
●CREDIT TITLES
←↑ご覧になりたい項目をクリックしてください。
山内雄喜 Yuki"Alani"Yamauchi
1948年東京生まれ。少年時代にハワイ音楽に興味を持ち、15歳の時よりスティール・ギターを始める。のちにスラック・キー・ギターの素朴な味わいに惹かれ、この奏法に独学で挑戦。大学卒業後、ハワイに渡り、レイ・カーネ氏に師事する。帰国後は実家の家業であるこんにゃく屋を継ぐかたわら、1975年にパイナップル・シュガーを結成。1977年、日本人として初めてハワイ放送のラジオ・KCCNのプログラム"Honolulu Skylark"に出演し、演奏する。真のアロハ・スピリットを追求しながら、ライブ活動や、コンサート活動を続けている。 また、サンディーやネーネーズ、島さちこのアルバムにも参加、レコード解説等の執筆活動にも忙しい。ハワイ音楽に関する世界的なコレクターの一人でもある。マガジン紹介ページそのほか詳しい情報はhttp://www.alani-sons.com/
SONS OF ALANI
Ryo Keiki
20年ほど前にスラック・キー・ギターと山内氏に出会い、人生の半分をスラック・キーとすごしているという幸せなSONS OF ALANI最古参メンバー。"Ryo Keiki's Favorits" [ http://village.infoweb.ne.jp/~ryokeiki ] というホームページでハワイアンミュージックを中心にRYO KEIKI WORLDを紹介しています。
ボンベロ嶋田
神田神保町にあるダカインなハワイアンアルバムの在庫の豊富さを誇るアナログレコード専門店"NA-NAKURI RECORD STORE" 店主。とぼけた味が魅力の守備範囲の広いハワイアンフリーク。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~nanakuli/
レイ・カーミ
日本で唯一のスラック・キー・ギターの専門サイト"SLACK-KEY COM." を運営。5年前に山内氏と出会って以来スラック・キー一筋のナイス・ガイ!ロングボードのチャンプでもあります。
http://www.slack-key.com
Kamani Hilakawa
本誌編集長。PACIFIC 57 RECORDSエグゼクティブプロデューサー。SLACK KEY CRAZY 主宰。腕より口の達者なスラッカー。